ハリーポッターと死の秘宝 part1

ハリーポッターと死の秘宝 part1について。上映時間やグッズ、前売り券など。映画館で見た感想も。ネタバレ注意。
 

カテゴリー:ハリーポッターと死の秘宝 part1 ネタバレ

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>

2010年11月22日

ハリーポッターと死の秘宝 part1 ネタバレ

ハリーポッターと死の秘宝 part1ネタバレがおもいっきり含まれていますのでご注意ください。

映画のタイトルでもある「死の秘宝」について、以下に書いています。

  ※

  ※

  ※

  ※

  ※

  ※

  ※

  ※

  ※

  ※


ダンブルドアがハーマイオニーに遺した本(吟遊詩人ビードルの物語)などに△と○と|をひとつにしたようなシンボルマークが登場します。

それが何かを意味すると考えたハリーポッターたちはそのマークのペンダントをしていたゼノフィリウス・ラブグッド(ルーナ・ラブグッドの父)に尋ねに行きます。

それはゼノフィリウス・ラブグッドによると、死の秘宝のシンボルマークとのこと。
おとぎ話の「三人兄弟の物語」に出てくるアイテムを意味するもので
△:透明マント
○:蘇りの石
|:ニワトコの杖
を表します。

この3つの秘宝を手に入れたものは、死に打ち克つことができるそう。

死の秘宝というのはおとぎ話に登場するものではありますが、ゼノフィリウスはその伝説を信じています。



「ハリーポッターと死の秘宝 PART1」はダンブルドアとともに埋められていたニワトコの杖をヴォルデモートが奪い去るというところで終わっています・・・



↓「三人兄弟の物語」も掲載されています

吟遊詩人ビードルの物語


posted by ハリーポッターと死の秘宝 part1 ネタばれ注意 at 17:34| ハリーポッターと死の秘宝 part1 ネタバレ